ホームページ > 塩溶液除湿機
塩溶液除湿機

塩溶液用蒸発/凝縮器除湿器

夏には、高温多湿の新鮮な空気を冷水(14℃〜19℃)で予冷した後、除湿ユニットに入り、低空の状態になり、最後に戻ってきた空気表面空気冷却器で冷たい後に必要な場所に混合空気を送ります。塩溶液が蒸気を吸収し、濃度が希釈され、再生ユニットに濃縮される。ヒートポンプシステムの冷却量は、溶液の温度を低下させて新しい風の温度を低下させるために使用される。熱は再生された溶液を濃縮するために使用され、エネルギー効率は高い。

冬になると、ヒートポンプの遠方弁が冷媒の流れ方向を変え、温水(40℃/ 35℃)で加温した後、加湿器で低温低湿の新鮮な空気が加湿されます。加湿された空気は、戻ってきた空気と混合し、表面の空気冷却器で温水(40℃〜35℃)で加熱した後、必要な場所に送ります。熱と湿気を新しい風に放出した後、溶液は濃くなります。濃縮された溶液は除湿ユニットに供給され、新しい風は熱い湿式交換の中にある。溶液を水で希釈して加湿ユニットに入れ、循環を行う。冷たい体積のヒートポンプシステムは、除湿ユニット内の溶液を減少させて吸水能力を改善するために使用される。凝縮熱を使用して、

塩溶液除湿機用熱交換器のモデル一覧
モデル冷媒蒸発器コンデンサーお絵かき
水の流れ熱伝達能力水の流れ熱伝達能力
GPM m3 / h Btu / h kW GPM m3 / h Btu / h kW
SS-0360GSTi-F R410A 18.33 4.16 82600 24.2 18.93 4.3 85300 25 図面を見る
SS-0480GSTi-F2 R410A 25.67 5.83 115700 33.9 26.43 6 119100 34.9 図面を見る
SS-0650GSTi-F2 R410A 34.38 7.81 154900 45.4 35.44 8.05 159700 46.8 図面を見る
試験条件:凝縮器として、水入口温度30 、水出口温度35 、凝縮温度40 。蒸発器として、入口温度12 、出口温度7 、蒸発温度2
凝縮器として、水入口温度86°F、水出口温度95°F、凝縮温度104°F;蒸発器として、水入口温度53.6°F、水出口温度44.6°F、蒸発温度35.6°F。
求める品の情報をご連絡ください
*Email
電話
*題名
*内容

利用規則を同意する。