ホームページ > 液体冷却プレート
液体冷却プレート

統合されたマイクロチャネル冷却プレート

集積マイクロチャネル液体冷却プレートは、微小溝およびカバープレートを備えた多数の薄いプレートでできています。プレートは、一定の温度および圧力の下でしばらくの間、拡散接合される。コンパクトで小型で高圧に耐えることができるため、電子部品の放熱、IGBTの放熱、精密機器、計器の放熱などに幅広く使用されています。


形状と構造

微通通液板

SS-0001WL-BP

液冷板

SS-0100WL-TP

液冷板

SS-0020WL-BP


材料

HZSSマイクロチャンネル冷却板の材質は、ステンレス鋼、アルミニウム、チタン、無酸素銅などから選択できます。


集積マイクロチャネル冷却プレート - 特長

高熱フラックス密度

マイクロチャネル冷却プレートの内部には、マイクロチャネル構造があり、高精度の接合技術と接触耐熱性を提供します。マイクロチャネル構造は、熱交換媒体の核形成沸騰に有益であり、熱流束密度は500W / cm 2に達することができる。

コンパクト

それはまったく問題なく、電子機器の冷却に適しています。

材料の多様性、広く使用

ステンレス鋼は真空と低温のために広く使用され、アルミニウム、銅は主に放熱のために使用されます。

高圧スタンド、耐食性

高精度と製造プロセスを組み合わせることにより、コールドプレートは親材料と同じ強度を持つため、高圧に耐えることができます。ステンレス鋼材は良好な耐食性を有する。


応用

    優れた伝熱性能と適応に頼って、HZSSマイクロチャネル冷却板は広く次の用途に使用されています。
  1. BTMS
  2. 2. エレクトロニクス
  3. 3. エネルギー(太陽エネルギー)
求める品の情報をご連絡ください
*Email
電話
*題名
*内容

利用規則を同意する。