ホームページ > 統合マイクロチャネル熱交換器
統合マイクロチャネル熱交換器

マイクロチャネル熱交換器

統合されたマイクロチャネル熱交換器は、バリを有さず、かつ隆起がない多数の薄い金属プレートからなるが、プレートは溝で機械加工され、規定された構造を有する。真空状態で適切な温度および圧力が与えられると、プレートはしばらく接合される。接合後、漏れなく高圧の液体が通るハニカムセクションがあり、延伸の強度は母材よりも低くならない。

マイクロチャネル熱交換器のチャネル相当直径は、10μm〜1000μmである。コンパクトで体積が小さく圧縮率が高いため、レーザー冷却、精密機器、医療機器、航空宇宙などの分野で広く使用されています。

マイクロチャネル熱交換器

拡散接合プロセス


扩散结合扩散结合

形状と構造


#

SS-0006WT-BP

#

SS-0015WF-BP

#

SS-0050WT-BP

#

SS-0100WS-BP

#

SS-0250WF-BP

#

SS-0500WT-BP

統合マイクロチャネル熱交換器 - 特長


①高い熱伝達係数

通常液体熱交換用のマイクロチャネル熱交換器は、精密3Dキャビティボンディング技術で製造されており、接触耐熱性がなく、熱伝達係数は5000-10000W /(m 2・ K)と高くなります。

②冷媒を少ししか充填しない

同じ容量のプレートフィン熱交換器と比較して、統合マイクロチャネル熱交換器の通過容積は96%減少しているため、充填する冷媒が少なくなります。それはランニングコストを節約するだけでなく、地球温暖化を遅らせるために大きく貢献します。

③コンパクト>

統合されたマイクロチャネル熱交換器熱交換表面は、プレートフィン熱交換器の6倍である2000〜3000m 2 / m 3の高さにすることができる。 1つのユニットについて、マイクロチャネル熱交換器の熱伝達量。

微通道换热器特点

④高圧、防食を立てる

一体化されたマイクロチャネル熱交換器の寸法はわずか数ミリメートルです。統合された技術により、熱交換器は、基材とほぼ同じ30MPaの圧力に耐えることができます。高温に耐えることができるので、熱交換器はCO 2に適用することができる。ステンレス鋼を材料として選択する場合、このマイクロチャネル熱交換器は耐腐食性を有する。

⑤広く使われている

コンパクトで体積が小さく圧縮率が高いため、レーザー冷却、精密機器、医療機器、航空宇宙などの分野で広く使用されています。

応用


その優れた熱交換性能と適応性のために、HZSSマイクロチャネル熱交換器は、
1. 交通
2. 浄水器
3. 航空宇宙
4. マリンAC
5. 電子機器
6. エネルギー(原子力)
ミニチュア冷水機
8. 化学薬品/医薬品
求める品の情報をご連絡ください
*Email
電話
*題名
*内容

利用規則を同意する。