ホームページ > ニュース > 業界ニュース >

住宅市場の動向エコキュート

住宅市場の動向エコキュート
発表時間:2017-04-24

住宅用ATWヒートポンプの中で、CO2冷媒を使用するエコキュート*が日本で中心的役割を果たしています。


2012年以降、エコキュート部門の出荷量は前年度に比べマイナス成長を記録しましたが、マイナス成長率は引き続き低下しました。しかし、2015年に出荷が6.7%低下したため、落ち込み率は非常に低いものの、再びマイナスの傾向を引き起こしました。しかし、数年のスパンで見ると、出荷が市場に影響を与えるほどには減少しなかった。 2011年に大地震が発生して以来、住宅用給湯器としてのエコキュートユニットの出荷は減少を続けています。しかし、2015年10月頃から、彼らはやっと上向きの兆しを見せ始めました。彼らは、0.9%、1.9%、13.5%、11.8%、および8.4%上昇して、2月から6月までのプラス成長を続けました。また、2016年3月末には、エコキュートの累計出荷台数が500万台を突破しました。 2015年7月に策定された長期エネルギー需給見通しに基づき、2030年までに1400万台の販売を計画しているため、エコキュート部門の需要は引き続き拡大する見込みです。


日本では、電気小売の自由化が2016年4月から始まったため、自由化関連のニーズに対応した製品が市場からリリースされ始めました。


エコキュート部門は、主に高エネルギー省エネルギー性能、安価な夜間電力料金を主に使用して水を加熱する能力、およびこれらのユニットがピーク電力消費に影響を与えないという事実のために、消費者の注意を引きつけ続けている。水の供給が中断されたり自然災害が発生した場合にタンクに貯えられた温水を使用することもできます。群馬製作所内に複合ビルを建設し、将来のエコキュートの需要に対応するための事業展開を図っています。新しい建物は2016年7月に運用開始されました。


政府のエコキュート部門の補助金制度は2010年に終了しましたが、現在でも一部の地方自治体から補助を受けています。しかし、前述のように、長期エネルギー需給見通しに基づき、2030年までに1400万台を拠出することを目指しているため、補助金制度が復活する可能性がある。さらに、レジデンスの省エネルギー対策には、エコキュートの補助金も含まれています。


日本冷凍空調工業協会(JRAIA)は、エコキュートユニットの販売拡大を支えるために、エコキュートユニットの購入者に対するアンケート調査の結果を説明するチラシを、満足度、エコの優れた特徴展示会や大規模小売店で行われるかわいいユニットなど。